電気的強磁気破壊方式によるデータ消去サービス

データ消去サービスのご案内 種類豊富な消去対象 大量でも短時間 完全データ消去

 

2005年4月1日より個人情報保護法施行
法施行により今後企業は機密文書・データ記録媒体の廃棄へのセキュリティ対応は極めて重要です

データ消去とは…

 パソコンやサーバ等の情報機器で使用されているハードディスクやオープンリールなどの磁気記録媒体上に記録されているデータを消去する ということです。ところが、このハードディスク内に書き込まれたデータを消去するというのは、それほど簡単ではありません。 「データを消去する」という場合、
 ■ ファイルを削除して「ゴミ箱」に捨て、「ゴミ箱を空にする」
 ■ ソフトで初期化(フォーマットする)
 ■ リカバリーCDを使い、工場出荷状態に戻す
などの操作を行えば、一見消去されたように見えますが、Windows等のOSのもとで、ファイル管理情報が変更されデータを 呼び出す処理ができなくなっただけで、本来のデータは記録媒体上にはまだ残っています。そのため、特殊な装置やデータ復元ソフトを使えば 読み取ることが可能の場合があります。
 ハーディスク上のデータを自己責任で読めなくすることが重要となります。

 そこで弊社では 『復元されないデータ消去サービス』 をご提供させていただいております。 消去対象となる磁気媒体も多く、高い処理能力で作業時間も早いため、大量のデータを消去するのに最適なデータ消去サービスです。

電気的強磁気破壊方式装置のパイオニアとして、産業界に数多い実績を持つプラットフォーム・オブ・ジャパンのデータキラーにて、 各種磁気媒体のデータを完全消去いたします。

▲ このページのトップへ

一般的なデータ消去方式の比較

データ消去方式 利点 欠点
ソフトウェア消去 ・ハードディスクの再利用が可能
・多くの製品が存在
・復元される可能性がある
・複数回書き込みによる作業時間の増大とそれに
  伴うコストが結果高くなる
・容量に比例して処理時間が増加
・Windows対応以外のソフトウェア価格が高い
・処理方式により、信頼性・処理時間が大きく異なる
物理破壊 ・目視確認が可能
・OS、容量、インターフェースに
  関係ない
・HDDの再利用不可
・物理損傷箇所以外の大量データ残存
・破壊による資源リサイクル率の低下
・粉塵処理対策が必要
・長時間の連続使用ができない
電気的強磁気破壊 ・磁性体全面の完全消去
・多くの磁気媒体が消去可能
・OS、容量、インターフェースに
  関係ない
・HDDの再利用不可
・目視確認不可
  • ソフトウェア消去
    時間が掛かり、大量消去に不向き。HDDの再利用を行うのであれば唯一の方法。
  • 物理破壊
    物理的損傷を加えた箇所以外に大量のデータが残る事が最大の欠点となる。
  • 電気的強磁気破壊
    外見上の破壊が見られなく、データが完全に消去される。
    (DMマーカー を使用する事により、目視確認をする事が可能となります。)

▲ このページのトップへ

弊社データ消去サービスの特徴

  • 電気的強磁気破壊データ消去装置データキラーを使用
  • 圧倒的な処理能力で短時間でのデータ消去が可能
  • 消去ソフトのないDAT、DLT、CMT、オープンリールなどを低料金でデータを消去
  • 数多くの磁気媒体に対応、使用OS・フォーマットに左右されずにデータ消去が可能
  • サーバ機・ホスト等のHDDも消去可能
  • 壊れてしまった磁気媒体もデータ消去が可能
  • 外傷変化がなく、手分解による100%の資源リサイクルが可能
  • 専門のスタッフが責任を持ってデータを消去
  • ハードディスクの取り出し作業をオプションで用意
  • 消去証明書の発行
  • 弊社と提携している、全国各地の大手優良産業廃棄物業者をご紹介

消去証明書サンプル

データ消去ソフトでの信頼性と時間的負荷、産業廃棄物処理での破砕処理、物理破壊によるリサイクル率の低下 など 現行処理方式の問題を解決する先進の方式で安全安心環境にやさしいデータ消去サービスでスピーディーにデータ漏洩安全管理対策。

▲ このページのトップへ

消去対象媒体

データ消去可能な磁気ディスク・磁気テープ:HDD・FPD・DAT・DLT・LTO・CMT・テープカートリッジ等 データ消去可能な大型磁気媒体:オープンリール・ノートPC等
デスクトップパソコン・サーバ、ハードディスク、フロッピーディスク、DAT、DLT、LTO、CMT、オープンリール、ノートPC 等

※その他データ消去可能な磁気媒体はご相談下さい。
※デスクトップパソコン・サーバのハードディスクは取り外しいたします。(オプション)
≫大型機で使用される 5インチ・8インチ サイズのハードディスクの分解処理の流れ

データ消去サービスに掛かる費用は お問い合わせページ よりお問い合わせ下さい。

▲ このページのトップへ

時間当たりのデータ消去作業量目安

媒体 1時間当たり 1日当り(2台使用・6時間)
HDD 800本 10,000本
オープンMT 350本 4,000本
CMT 800本 10,000本
DLT・LTO 800本 10,000本
DAT 5,000本 多数
ノートPC 170台 2,400台

※ 上記の目安はDM-140Nを使用した場合の処理能力です。
※ 消去環境によって値は変動いたします。
※ 大量消去の場合はお客さまのご要望時間に合せて使用台数を複数ご用意いたします。

▲ このページのトップへ