よくあるご質問

データキラー及び磁気消去に関するご質問にお答えします。

▼再インストールしても読み込みはできませんか?
▼消去済みを目視確認する方法はありますか?
▼垂直記録方式のHDDは消去できますか?
▼漏洩磁場が心配?
▼磁力による人体への影響は?
▼電磁波は発生しますか?
▼機器設置場所の制限は?
▼電源仕様は?
▼電気用品安全法(PSEマーク)は?
▼導入実績は?


OS再インストールしても読み取りはできませんか?
HDDには制御アドレスのサーボ信号が記録されており、一般データと同様に書き込み後メーカーより出荷されております。 磁気消去によりプラッターに記録されているデータを磁気消去した際にサーボ信号も同時に消去されますので、再インストールもできません。

▲ このページのトップへ

消去済みを目視確認する方法は有りますか?
オプション販売のDMマーカー(薄緑色)を操作前に貼付し、消去後(黒色)の色変化にて確認できます。また、データキラーの場合操作時に発生磁力の即時判定機能が有りますので、ランプ(赤)確認をしながら操作いただけます。

▲ このページのトップへ

垂直記録方式のHDDは消去できますか?
新しいDATAKILLERのDMAシリーズは垂直磁気記録方式HDDと、長手記録方式HDDの完全な磁気データ消去が可能です。従来からあるDATAKILLERのDMシリーズは垂直記録方式HDDの消去を完全保証しておりません。従来からある長手記録方式のHDDにのみ対応します。

▲ このページのトップへ

漏洩磁場が心配!
データキラーは機器の挿入部を中心として全方位に漏洩磁場が発生します。磁力線はもともとパーマロイ等の特殊金属以外どのような物質でも透過する性質があり、挿入部に蓋を付けても通過します。 データキラーは直流磁場の瞬間発生ですので、スイッチON時に瞬間的に漏洩磁場を観測しますが、瞬時にゼロに減衰します。その強さは前面が最も強く、30cmの位置で150ガウス以下を計測します。 これは家庭用電話機受信部分に内蔵する永久磁石の1/2以下の数値となります。 当機には全ての機種にリモートコントロールスイッチが標準装備され、スイッチ押下時は30cm以上離れて操作するよう規定しております。

▲ このページのトップへ

磁力による人体への影響は?
残念ながら医学的に不明扱いとなっております。 ちなみにエレキバンは1800ガウス版が販売され、また医療用磁気断層写真MRIは当機と同様方式の直流磁場発生で約15000ガウスの強磁場が発生すると言われてております。 しかしながら、人体への影響は不明扱いではありますが、安全のため上記距離(30cm以上)をもっての操作を規定いたしております。 また、安全のため妊婦の方、ペースメーカーや補聴器等医療用機器装着者の方はご使用にならないようお願い致します。

▲ このページのトップへ

電磁波は発生しますか?
電磁波は交流磁場により発生するもので、データキラーは直流磁場発生装置ですので、電磁波発生はありません。 内部にトランス等交流用部品も一部使用しておりますが、内部測定で3mG(ミリガウス)、外部筐体接地で1.3mGですので、ほぼ地球上標準といえます。

▲ このページのトップへ

機器設置場所の制限は?
特に制限は規定しておりませんが、30cm以内に磁気媒体を内蔵する電子機器の併設はお避けください。また、CRTモニターはブラウン管MASK上に磁場が着磁すると色斑変化をおこしますので、接近設置は避けていただきます。 また、当機は磁場発生時に一瞬共鳴音が発生します。特に大型機は75〜80dBと音が大きく、DM-140N、DM-140NT、DM-180DCにつきましては設置場所のご考慮が必要と思います。

▲ このページのトップへ

電源仕様は?
家庭用100V電源仕様でチャージ時5A、待機時0.1Aです。安全のため、アース付きコンセント使用と規定しております。

▲ このページのトップへ

電気用品安全法(PSEマーク)は?
取得済みです。なお、電気機器検査センターの株式会社コスモスコーポレイション社にて内部検査により、CSCマークも合わせて取得しております。

▲ このページのトップへ

導入実績は?
NTTグループ関係各社の他、コンピュータ、情報通信、金融、クレジット、各種製造、電力・ガス、建設、商業、運輸、サービス、産業廃棄物、大学、病院、研究所、官公庁、公団体と幅広く、特にセキュリティポリシーの先行する企業、団体様から順次ご導入いただいております。

▲ このページのトップへ